UMEKITA FLOOR meets JAZZ 【JAZZ ART&PHOTO OF TAKAO FUJIOKA】

大阪・梅田の中心でジャズに酔いしれて

関西のジャズシーンを長年支え続ける情報誌「WAY OUT WEST」の発行人であり、国内外で活躍するジャズ専門グラフィックデザイナーである「藤岡宇央」のアート作品や写真を展示いたします。また、週末の生演奏イベントもボリュームアップし、ジャズでお届け。
ジャズで彩られた空間でのお食事をごゆっくりとお楽しみください。

【期間】 2022年6月20日(月)~7月24日(日)
【場所】 グランフロント大阪 北館6階 ウメキタフロア各所

藤岡宇央 Takao Fujioka

1978年大阪府生まれ。ジャズの音楽とグラフィックに魅せられて、2006年にジャズ専門のデザイン事務所「JAZGRA」を設立。国内外のアーティストのジャケットなどを手掛ける。2008年にはアーティストとしてニューヨークの「The Jazz Gallery」で個展を開催(日本人初)。2009年、関西発のジャズ無料情報誌「WAY OUT WEST」を創刊(現在14年目に突入)。2015年には「The Jazz Gallery」二度目の個展を開催し、2016年と2019年には、歴史あるジャズフェス「Newport Jazz Festival」のメインビジュアルを担当(日本人初)。独特なペン画タッチと無駄を削ぎ落としたシンプルな構図で、ジャズを表現し続ける。2019年、スロベニア共和国で作品展を開催。コロナ禍の自粛期間中に世界中で撮り溜めた写真を整理し、2021年に自身初となる写真展を開催。