ウメキタフロア 1月ライブパフォーマーの紹介

Bass 井上 歩

様々な矛盾している理念の音に「それでも」と挑み続けている。現在は即興演奏、ジャズを中心に様々な形態でのライブ、サポート、イベント・パーティ等での演奏、レコーディング等で関西を中心に活動中。

Guitar 片平 駿太郎

1994年4月19日生まれ。兵庫県明石市出身。中学2年生よりギターを始める。高校時代に甲陽音楽学院が主催する関西バンドフェスにて2年連続でベストプレイヤー賞を受賞する。その後大阪音楽大学短期大学部ジャズコースを受験し、特待生として入学。入学後よりジャズギターを柴田達司氏の下学び、卒業後は土岐英史氏に師事する。第1回赤坂ジャズギターコンテスト第4位。現在は関西を拠点に演奏活動や講師をしている。

Contrabass 小島琳太郎

兵庫県神戸市出身。12歳よりコントラバスを始める。尼崎市立尼崎双星高等学校普通科音楽類型を経て
相愛大学音楽学部音楽学科弦楽器専攻を卒業。同大学の卒業演奏会に出演。在学中に東儀奨学金を授与される。京都国際学生音楽フェスティバル2017に出演。京都芸術祭音楽部門主催「新進演奏家によるデビューコンサート2018」に出演。ヴィオラスペース2019、2021に出演。現在、フリー奏者として日本各地のオーケストラでの客演やソロ、室内楽などで活動中。

Piano 謙元(norichika)

大阪府出身、相愛大学音楽学部卒業。現在はクラシックやポピュラー、即興演奏など様々な音楽ジャンルに取り組みながらイベント出演や各器楽奏者のリサイタル伴奏、アウトリーチなどを行っている。作編曲も手がけており、伝統と現代の融合をテーマにクラシック音楽を様々な音楽スタイルに編曲した作品や、何気ない日常や旅先から着想を得た自作曲が好評を得ている。音楽と絵画のアートグループ「negimaron」、サックス2本とピアノトリオ「SAXAS」で活躍中。

Piano 金 未卯

1999年生まれ。神戸市出身。4歳よりピアノを始める。第27回兵庫県学生ピアノコンクールE部門最優秀賞・兵庫県知事賞・NHK神戸放送局長賞。第11回ベーテン音楽コンクール高校生部門第3位。第13回セシリア国際音楽コンクール大学専門の部第3位。第13回神戸新人音楽賞コンクール優秀賞。これまでにソルフェージュを横田秀孝、和声学を葛西敏子、ピアノを渡辺純子、鳥居知行、佐藤裕美子、阿部裕之、ピアノ重奏を佐野えり子、チェンバロを三橋桜子各氏に師事。兵庫県立西宮高等学校音楽学科、京都市立芸術大学音楽学部音楽学科を卒業。現在、同大学修士課程1年に在籍。

Violin 梶原 千聖

兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、 京都市立芸術大学を首席で卒業。 卒業に際し推薦により、第51回卒業演奏会、第44回読売中部新人演奏会などに出演。京都市長賞、京都音楽協会賞、京都芸術祭京都市長賞を受賞。(公財)青山音楽財団奨学 生。International Tadeusz Wroński Violin Course in Nałęczów(ポーランド)にてディプロマ取得。

Guitar 野江直樹

幼少期にエレクトーン、15歳からギターを始め20歳の頃にはジャズ演奏をはじめている。2008年に自身初のリーダーアルバムをリリース、その頃から多くの有能な人材を有する関西ジャズギターシーンにおいても一つ抜けた若手として注目を集めながら着実に成長。正統派ジャズギターの流れをおさえながらも独自の清新な音色とフレージングで多くの人を魅了するスタイルを築き様々なシーンで活躍している。2015年春2ndリーダーアルバムをリリース。

Cello 片岡あづさ

兵庫県立西宮高等学校音楽科、相愛大学音楽学部音楽学科を経て、相愛大学音楽学部音楽専攻科を修了。2016年4月~2019年3月、桐朋オーケストラ・アカデミー研修課程修了。第18回、第23回和歌山音楽コンクール弦楽器部門奨励賞受賞。クオリア音楽フェスティバル第2回オーディション弦楽器部門第2位。第23回、第24回クラシック音楽コンクール全国大会第5位、第4位入賞。第10回全日本芸術コンクール関西本選第2位、全国大会第3位・芸術協会賞受賞。これまでに後藤敏子、池村佳子、林裕、斎藤建寛の各氏に師事。現在、相愛オーケストラ要員、相愛ジュニアオーケストラ講師。大阪芸術大学管弦打要員

Contrabass 宮田雄規

福岡県出身。大阪芸術大学演奏学科卒業。在学中に同大学オーケストラとコントラバス協奏曲を共演。コントラバスを吉浦勝喜、池内修二の各氏に師事。現在フリーランス奏者としてジャンルにとらわれず活動中。大阪芸術大学演奏要員。大阪チェンバーオーケストラ、コントラバス四重奏「Bass Bar」、Russian Gypsy Mixed Band「バラノチカ」メンバー。

Piano 小田知代

4歳からクラシックピアノを習う。ヤマハジュニア専門コースを経て、クラシックピアノを梅谷進氏、故畑彰子氏に師事。兵庫県学生ピアノコンクール等出場し入賞。関西学院大学入学後、Wyntonkelly,Billevansを聴きジャズに傾倒する。ジャズピアノを大森一宏氏、フィリップ・ストレンジ氏に師事。現在阪神間にて演奏活動を行う。

Violin 西尾 安梨沙

大阪府出身。4歳からヴァイオリンを始める。京都市立京都堀川音楽高校を経て、京都市立芸術大学音楽学部弦楽専攻卒業。同大学院音楽研究科修士課程卒業。小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト、セイジ・オザワ松本フェスティバルに参加。ムジークアルプ夏期国際アカデミー(フランス)、ヨーロッパサマーアカデミー(ドイツ)にてディプロマを取得。リヴィウ国際音楽祭(ウクライナ)にてソリストとしてオーケストラと共演。現在、ソロ、室内楽、プロオーケストラの客演など幅広く活動している。

Piano 尾上理絵

兵庫県立西宮高校音楽科を経て京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒業、同大学院音楽研究科修士課程器楽専攻修了。第14回ショパン国際ピアノコンクールinASIA大学生部門アジア大会奨励賞。第14回大阪国際音楽コンクール大学生部門ファイナル入選。第25回ブルクハルト国際音楽コンクール第3位。Vienna international pianist VIPアカデミー、京都フランス音楽アカデミー、ザルツブルグ夏期国際音楽アカデミーに参加、開始。ディプロマ取得。大学内選抜によりピアノフェスティバル、ピアノ専攻学内リサイタルに出演。ポーランド・シレジアフィルハーモニー管弦楽団と共演。兵庫県立美術館主催「美術館の調べ」においてソロリサイタルを行う。これまでに西岡知子、池田寿美子、石井なをみ、迫昭嘉、砂原悟各氏に師事。現在、関西を中心にソロや室内楽などの演奏活動、後進への指導を行う。グレンツェンピアノコンクール指導者賞、ピティナ新人指導者賞受賞。京都市立芸術大学伴奏員。

Guitar 吉本 敦

ギタリストとして様々なアーティストのライブ・レコーディングサポートや、作編曲・Beatmakeなどの楽曲制作。また、instrumental hip-jazz band「WaYoSet」のメンバーとしても多数のイベントに出演し、アルバムやミュージックビデオが数多くのメディアに取り上げられる。全世界への音の発信ソースとして、ディスクユニオンからレコードもリリースしている。

Bass Shigeki Uno

大阪を拠点に活動するcontarbass & electricbass player.instrumental band “Wa Yo Set”のメンバーとしても活動し、同グループではこれまでにヨーロ ッパ、アジアなど各地のジャズチャート1位になるなど世界中でも話題となっている。