2月パフォーマーのご紹介

2021年1月14日からの営業時間変更に合わせて、演奏時間を18:00- / 19:00- に変更いたしました。

Handpan SHU

ハンドパン奏者、SHU。大阪府出身。“ハンドパン”という2001年にスイスで生まれたばかりの最新メロディー打楽器を持って様々な場所で演奏活動中。

Guitar 清原 ヒロフミ

2012年に大阪芸術大学に入学後、在学時よりプロとしての活動を開始する。2012〜2018年にはユニバーサルスタジオジャパンにてギタリストとしてショーにレギュラー出演。現在、メジャー、インディーズ様々なアーティストのサポートを中心に、ブライダル演奏、ホテル演奏、クルージング演奏、ゴスペル演奏、ラジオやTVなどのメディア出演、レコーディング、楽曲提供など、活動は多岐にわたる。

Piano オカダトモヤ

ピアニスト、キーボーディスト。幼少時にドビュッシーなどのクラシックに触れ、その後一度ピアノを離れる。高校中退から紆余曲折を経て独学でピアノを再開し、大阪芸術大学に入学。以降ポピュラーミュージックに傾倒、在学中よりバンド活動や各所での演奏活動を初める。ジャズとポップスを下敷きにしたサウンドで、メジャー、インディーズアーティストのライブやツアー参加、アレンジやレコーディングなど精力的に活動している。心に届く演奏を信条としている。大阪芸術大学非常勤講師。

Guiter 高田亮介

甲陽音楽院卒業。在学中にロック、ブルース、ジャズ、ファンク、フュージョンと多岐に渡る音楽を学ぶ。土野裕司氏、竹田一彦氏、村山義光氏に師事。SwingJazzバンド、ClapStompSwingin’で日本全国でのツアー、韓国、台湾、中国、ベトナム、イタリアでのツアー。2017年には日本人のジャズグループとしてはクレイジーキャッツ以来50年振りとなるニューヨークのタイムズスクエアでのライブを果たす。2017年浅草ジャズコンテストで審査員特別賞、ソリスト賞を受賞。

Guitar 小林理紗

Jazz、Salsa、Rock、Fusion、Pops等、様々なジャンルのバンドでピアノを担当。関西のライブハウスやホテル、Jazzbar等で演奏の他、大手企業オープニングイベントでの演奏等と幅広く活動している。ソロでの活動はR1SAとして2009年より活動を開始。作曲、編曲、トラック制作、全て自身でこなす。

Bass 井上歩

様々な矛盾している理念の音に「それでも」と挑み続けている。現在は即興演奏、ジャズを中心に様々な形態でのライブ、サポート、イベント・パーティ等での演奏、レコーディング等で関西を中心に活動中。

Guitar 遠藤 豪

高校在学中にエレキベースを弾き始める。バンド活動に勤しむ。高校卒業後に甲陽音楽学院に入学し、ウッドベースも並行して弾き始める。様々な矛盾している理念の音に「それでも」と挑み続けている。現在は即興演奏、ジャズを中心に様々な形態でのライブ、サポート、イベント・パーティ等での演奏、レコーディング等で関西を中心に活動中。

有田真大

福岡県出身。幼少の頃からピアノを始め、関西学院大学入学と同時にジャズ研究会に所属。様々なバンドで経験を積み、2018年には大型客船でのアジアクルーズに出演。2020年、NHK神戸ジャズライブKOBEに出演。現在、関西を拠点に演奏活動中。大森一宏氏・北野タダオ氏に師事。

Guitar 中川 健

兵庫県出身、大阪芸術大学音楽学科ギター専攻卒業。ギターを中村たかし氏に師事。音楽理論を中村正史氏に師事。在学中からプロギタリストとして活動を始め、現在はメジャー、インディーズアーティストのレコーディング、LIVEサポート、エンターテイメントショーギタリストとして演奏している。音楽ジャンルを問わないマルチなギタリストとして才能を発揮している。哀愁溢れるメロディーと情熱的なギタープレイで観衆を魅了する、関西若手有望ギタリスト。